経歴

大橋成哉七段 大阪府出身

仲邑信也九段門下 日本棋院関西総本部所属

日本棋院のプロフィールはこちら

Twitterアカウントはこちら

産経新聞様の取材記事はこちら


1990年7月6日 大阪府東大阪市に生まれる。

2000年9月 10歳で住道囲碁クラブにて碁を覚える

2001年9月 日本棋院関西総本部の院生になる。同時に仲邑信也九段の弟子となる。

2004年11月 棋士採用試験を一位で通過

2005年4月 日本棋院入段 関西総本部所属 中学3年生で正式にプロになる

2008年2月 勝ち数30勝により二段昇段

2010年2月 賞金ランキングにより三段昇段

2011年1月 賞金ランキングにより四段昇段

2013年1月 賞金ランキングにより五段昇段

2013年 第38期新人王戦ベスト4

2013年10月 京都大学にて囲碁を主題とした授業の講師を担当 ~2019

2014年1月 賞金ランキングにより六段昇段

2014年 第5回おかげ杯ベスト4

2015年1月 賞金ランキングにより七段昇段

2016年 棋聖戦Cリーグ入り(40・41期)

2017年 第43期天元戦ベスト8

2017年4月 朝日新聞にて、詰碁の週間連載開始(~2018年9月)

2018年4月 月間囲碁雑誌「囲碁未来」にて「二択で学ぶ布石の方向感覚」連載開始

2018年6月 マイナビ出版より「サクサク解ける!詰碁と手筋の基礎トレーニング400 出版

2019年1月 マイナビ出版より「一手ずつ解説! 碁の感覚がわかる棋譜並べ上達法」出版

2019年3月 日本棋院より「布石の方向感覚」出版

2019年4月 日本棋院関西総本部院生師範就任

2019年7月 マイナビ出版より「一手ずつ解説! 碁の感覚がわかる棋譜並べ上達法 【江戸時代前編】」出版

2019年7月 読売新聞にて裏定石講座全4回掲載

2019年8月 マイナビ出版より「一手ずつ解説! 碁の感覚がわかる棋譜並べ上達法 【激動の江戸後編】」出版

2019年10月 読売新聞にて囲碁欄観戦記担当

趣味は料理・ハースストーン・将棋・お笑い鑑賞など


※このページからのリンクはAmazonアソシエイトを利用しています。